たるんでいるの?

鏡を見たときに感じる疲れや老化。これは主にどのような部分で感じるかというと、主には目元です。目元の印象が少しいつもと違うだけで、全く違う人のように見えてしまうこともあります。人の見た目とは不思議なものです。

特に、目の下にできたたるみやクマは決定的に顔の印象を悪くする原因です。これらが現れる理由にはいろいろあります。疲れはもちろん、老化によるものもありますし、場合によっては病気の予兆かもしれません。そのように、目の下の変化にはいくつか理由があるため、まず自分のたるみやクマはなぜできているのかその理由をある程度把握しておきたいところです。

まず、たるみはなぜ起きるのでしょうか。これは老化によって皮膚が重力に逆らえなくなったと想像がつきやすいものです。年齢を重ねるにつれて皮膚のハリが少しずつなくなってきます。そして皮膚を持ち上げる力が弱くなった結果、ゆるくなった皮膚が垂れてくるわけです。

肌の老化は、目の下のたるみだけでなくほうれい線や毛穴の開きにも現れます。いずれも老化にかかる代表的な現象です。中でも目の下に出るものは特に目立つため、何とかして消したいところです。また、クマが現れ始めたなと思ったらそれがたるみのサインであることもあります。

皮膚そのものがたるむと、形が変わって影ができるため、メイクで隠すのが難しくなります。色の変化のようにごまかしづらく、大きな悩みどころです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

archive

category

  • カテゴリーなし