クマの対処法

クマには主に3種類あり、青グマ・茶グマ・黒グマのように分類されます。これは前述のとおり原因が違うもので、それにより対処法も違ってきます。では、それぞれのクマにはどのように対処すればよいのでしょうか。

青グマは、血液の酸素が不足していることによって悪くなった血色が目の下に現れてしまうものです。これは睡眠不足や疲れが大いに影響しています。年齢に関わらず若いうちからできることも多く、特に若い女性の主な悩みの1つともなります。この対処は、血流をサポートすることです。温めたタオルを目に当てたり、優しくマッサージしたりすることで改善されます。あとはしっかり寝ることです。

茶グマとは、例えばしっかりアイメイクを落とすときに力を入れて思い切りこすってしまったり、メイクを落とし切れておらずに目回りの皮膚に何らかのダメージを与えているときに起こります。皮膚に影響を与えることによる色素沈着が主な原因です。この状態は、皮膚を再生させるビタミンCが不足していることが考えられるため、積極的にビタミンCを摂ることをおすすめします。

黒グマは、年齢からくるたるみやシワによってクマのように見えてしまうものです。これは、皮膚そのものに現れる色ではなく、たるみによる影が原因です。この対処法はアンチエイジングケアに通じますが、コラーゲンを多く含んだ化粧品や食品を摂ること、老化を防ぐビタミンEの摂取などがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

archive

category

  • カテゴリーなし