クマができる理由

目の下に気が付けばできている黒色や茶色のいやなくすみ。これがクマと呼ばれるものです。こすってもマッサーシしてもなかなか取れるものではなく、またファンデーションで隠そうにも色が透けて浮き出てしまい、厚塗りをしてやっと隠せるかどうかという難しいところです。

このクマを何とかしたいというのは、多くの方が持たれているお悩みでしょう。では、クマはどのようにしてできてしまうのでしょうか。そこに関係しているのは血行です。血のめぐりが悪くなってしまうと、顔色全体に影響が出ますが、特に顕著なのが目の下です。

そしてクマにも種類があり、青グマ・茶グマ・黒グマのように大別されます。青グマの原因は血行不良による酸素不足。目回りの皮膚は他の場所と比べて薄いため、色の変化がより目立って見えてしまうのです。茶グマは物理的に目の皮膚に力を加えてしまったり、メイクをきちんと落としていなかったりすることによって色素沈着を起こしてしまうものです。黒グマは色自体ではなく影に分類されます。たるみなどが現れ始めたことによってできた影がクマとなって見えてしまうのです。

このように、ただ単に老化で現れるだけではなく不摂生や体調不良、お手入れ不足によってさまざまな種類のクマができます。原因もそれぞれ違うため、対処法も異なってくるのです。基本的には健康で規則正しい生活が大切ですが、体質などで対処が難しいこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

archive

category

  • カテゴリーなし